へこみ・キズの板金修理事例(幸手市 スバル・レヴォーグ)

【高い技術力で高品質の仕上がりを提供します!】

▼ 修理前

今回のお車はスバル・レヴォーグのお客様です。
お客様からぶつけられてしまったとのことで入庫されました。
今回は保険対応ということになります。

修理範囲
バックドア・・・・・・・・・・・新品交換
リアバンパー・・・・・・・・・・新品交換
マフラー・・・・・・・・・・・・新品交換
バックパネル・・・・・・・・・・鈑金修理

▼ 見たところ、大きな損傷は見受けられませんが、これから損傷を受けた個所を特定していきます。

▼ 見た目は酷くないんですが、バンパー、マフラー、バックパネルも少し押されていました。

▼ バックパネルが内側に押されている状況なので、チエーンブロックをパネルにかけて強力な油圧装置を用いてゆっくりと引き出して修正します。
パネルの修正は引っ張りすぎないように慎重に行って行きます。
しっかりと元の位置に戻さないと後で不具合が発生する場合もあります。

▼ 新品のバックドアが入庫したので現車の色に合わせて塗装を行います。
(新品のパネルは非常に高い防錆力を持つ電着塗装が施された状態で供給されます)
塗装はあらかじめ当社のベテランの塗装職人が車のカラーコードから調合を調べて、調色をして決めます。
塗装は専用のブース(密閉された部屋)で行いほこりの付着などを防止します。
まず最初にベースカラーを一度にべったり塗装せず数回に分けて塗料を馴染ませていきます。

▼ ベースカラー塗装後に透明なクリア塗装を行います。
クリアベースと硬化剤を混ぜて塗装します。
トップコートとしてのクリア塗装は紫外線による色の退化を防いだり、対候性を高めます。

▼ 塗装が完了したパネルに内装部品を取り付けてから、建付けを確認しながら車体に取り付けていきます。
下の写真は交換部品がすべて取り付けられた状態になります。

▼ 最終仕上げに数種類のパフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーを使用して艶のある状態に磨き上げて作業が終わりました。
一連の作業が完了したら、出来栄えを確認して終了となります。

最後に車両洗車及び室内の清掃を行って納車になります。

この度はご来店誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪

また何かございましたら気軽にご来店ください<m(__)m>
スタッフ一同お待ちしております(^^♪)

◆ 修理事例一覧はこちら!

◆ お客様の声は、こちら!

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら! 

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0480-34-6772までご連絡ください。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る