幸手市よりキズ・へこみの板金修理事例(スバル・インプレッサ)

【愛車の修理は納得価格で仕上がり重視の当店にお任せください!】

▼ 修理前

今回のお車はスバル・インプレッサのお客様です。
右側のリアドア、リアクオーターをぶつけてしまったとのことでご来店されました。

【修理内容】
リアドア・・・・・・・・・・・・・・新品交換
クオーターパネル・・・・・・・・・・鈑金修理
フロントドア・・・・・・・・・・・・ぼかし塗装

▼ 右リアドアとクオーターパネルの損傷になりますが、リアドアは交換になります。
クオーターパネルの凹みキズは結構入っています。

▼ アップにしてみるとクオーターパネルの凹みが酷い状態になっていますね!

▼ 新品のリアドアを取り付けてみるとクオーターパネルとの組付けが全くあっていません。
よってクオーターパネルのダメージ個所を引っ張り出して修正します。

▼ クオーターの方は内側に結構入り込んでいたので、スタッドと呼ばれるピンを専用ガンに取り付けて、溶接してそこに専用工具を取り付けて引き出し作業をします。
へこみが結構酷かったので数か所移動してきれいに引っ張り出して修正をかけます。

▼ 引き出した跡をサンディングで周辺の塗膜を削って平滑に仕上げ修正します。
修正箇所にパテを盛り付けて平滑に仕上げます。
パテ修正では、新品のドアと合わせながらパテを盛り付けて、隙間を確認しながら整形をしていきました。

▼ パテの盛り付け研磨を数回繰り返して仕上げていきます。

▼ リアドアは交換となりました。
新しく入庫したドアは現車の色に合わせて塗装をしなければなりません。
入庫した新品のドアは通常高い防錆力を持つ電着塗装が施されています。(黒い塗装膜)

これから塗装工程に入りますが、車の塗装は専用ブース(密閉された部屋)で行い、ホコリの付着などを防止します。
塗装に先立ち、あらかじめ当社の熟練した塗装職人が現車の色に合わせた調色をします。
今回はクオーターパネル、リアドア、フロントドアのぼかし塗装も含めて行います。
塗装面以外の車体全体を専用のシートでマスキングを行ってから塗装をします。

まず、クオーターパネルの内側の方から最初に塗装してそれから外側を塗装していきます。

▼ 塗装に入る前に、塗装面全体を細かいサンドペーパーで研く足付けをします。
その後に、脂分・ワックス分を専用の溶剤できれいに落とす脱脂の作業してから塗装に入ります。
調色が決まると、ベースカラーの塗装⇒クリア塗装をします。
クリア塗装を施すことで紫外線による塗料の劣化や対候性を増すことが出来ます。

▼ 塗装が完了したら、最終仕上げは、数種類のパフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーで磨いて綺麗に仕上げます。

磨き組付け後はワックス洗車・掃除機、内側を拭いて完成しました。

この度はご来店誠にありがとうございました(^人^)感謝♪
また何かございましたら気軽にご来店ください<m(__)m>
スタッフ一同お待ちしております(^^♪)

◆ 修理事例一覧はこちら!

◆ お客様の声は、こちら!

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら! 

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0480-34-6772までご連絡ください。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る